航空写真撮影事業”Photo”

物件を空から直上や斜上より撮影できる

  • 物件直上や斜め俯瞰で撮影できる航空写真の用途は広く、各種建築計画作成、各種測量や調査、工事進展状況の確認、また完成時確認等に利用できます。
  • カメラだけでなく、ビデオカメラも対応可能で、ビデオカメラのの場合は防振ユニットを併用することにより、ブレのない鮮明な動画を撮影可能です。(ヘリコプターのみ。)
  • 個人でのご利用も可能です。各種イベントの写真やパンフレット、ご自宅やマンションの完成記念等、なんでもご相談下さい。

撮影する物件や利用方法から最適な撮影方法をご提案

斜め写真(飛行機・ヘリコプター)

物件を低高度(300~1000m)から撮影します。
物件や撮影範囲に応じて、俯瞰角度や撮影方向を指定可能です。
各種工事の進行状況確認や、パンフレット写真
ご自宅やビル、マンション等の完成記念写真などに最適です。

垂直写真(飛行機)

物件を高高度(2000~4000m)から撮影します。
撮影範囲によって、飛行高度を変更します。
高解像度デジタルカメラやスチールカメラを使用して、高精細なデータを得ることが可能です。
地図や各種分布図、地勢、道路状況の把握に威力を発揮します。


写真撮影についての詳しいお問い合わせは、お気軽にこちらのフォームをご利用ください。